中古車売却 下取り・査定・オークションそれぞれのメリットデメリット

中古車売却 下取り・査定・オークションそれぞれのメリットデメリット

中古車売却 下取り・査定・オークションそれぞれのメリットデメリット » 中古車売却 下取り・査定・オークションそれぞれのメリットデメリット

中古車売却 下取り・査定・オークションそれぞれのメリットデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中古車を売る方法 それぞれのメリットデメリット

大切に乗ってきた愛車の売却、最近では車の売却と言っても色々な方法があります。ここでは売却方法として「下取り」「買取店での査定」「オークションでの売却」に対してそれぞれのメリット・デメリットについて紹介します。

下取りについて

下取りとは、車を購入の際に購入したディーラーや販売店で査定をしてもらい査定金額を次の愛車の支払額に充当する方法です。かつてはこの方法が殆どで今でもこの方法で売却をする方も多いです。
 
メリットは次の車の納車の際に売却する車を引き渡す事が多いため納車直前まで今の愛車を乗れることと、購入した車と同じ販売店で売却のため売却のための手続きをまとめてやって貰えることなどが挙げられます。
 
デメリットは売却された車はディーラーが扱うメーカー以外の場合は中古車オークションへ流れてから中古車市場は流通します。直接販売できない分中間マージンが発生するため査定額を高く出来ない事が挙げられます。
 

買取店での査定

買取店での査定とは、自動車買い取り専門店で査定の後売却する方法です。車の売却は下取りの項目で紹介した通りかつては下取りが主流でしたが現在では車買取専門店の数も増え、下取りと二分するぐらいにもなっています。
 
買取店での査定のメリットは、買取店は各車種の売れ筋や相場のデータを持っている事と、ユーザーへの直接販売の販路もあるため査定額を比較的に高値に出来ることが挙げられます。
 
デメリットは中古車の相場は日々変わるので、少しでも早く中古車市場に流すため売買契約が済むとすぐ愛車を引取られ、次の車が納車されるまで不便な事があることが挙げられます。
 

オークションでの売却

オークションでの売却については、ここ近年増えつつある売却方法です。下取りの場合も買取専門店に売却した場合も中古車オークションを通して中古車市場へ流通する場合が多いです。
 
オークションでの売却はオークション出品代行業者に依頼し中古車オークションへ直接売却(出品)する方法です。
 
オークションでの売却のメリットはやはり直接オークションに出品し中間マージンが発生するポイントを抑えるため高値での売却が期待できることです。
 
デメリットはあなたの愛車が中古車がオークションで落札されなかった場合は、落札されるまでの再出品手数料が掛かり、落札金額によってはメリットである高値での売却が出来なくなる可能性があることです。
 
これら中古車の売却方法の選択肢は増えつつありますが、各方法のメリット、デメリットを参考にあなたの愛車を少しでも高く売却しましょう。
 

中古車を売る時に私が実際に行った3つの事

愛車の売却、最近では下取りからネットオークションまで様々な方法がありますが、少しでも高く売却したいですよね。ここでは私が実際に中古車を売るときに注意した点を紹介します。

1、愛車を綺麗にする

まず何よりも基本なのは査定の時には愛車を綺麗にしておくことです。実際に程度に差がなくてもやはり綺麗な車は査定士さんにとっても好印象です。
 
綺麗にすると言っても、ボディーコーティングとか磨きなど大層なものではありませんし、道具も普通に洗車で使用する道具に加え、使い古しの布や歯ブラシなど家庭にあるようなものだけで大丈夫です。
 
まずきちんと外装は丁寧に手洗いし、内装は掃除機を掛け汚れた部分は汚れを取り除きます。結構端や隅を重点的に綺麗にすることが効果的です。
 
例えばボンネットの裏側やエンジンルームの手が届くところを拭き掃除したり、ホイールの細かい隙間など普段あまり手を入れないところを綺麗にすると車の印象が大分変わります。こういう掃除は業者に頼むと高いですが、難しいことではないのでじっくり取り組んでみましょう。
 

2、修復歴や不具合は正直に伝える

査定の時にはちょっとした不具合などは、やはり査定額を下げる要因になるので正直「気付かれないといいなあ」と思うのは人の常だと思います。
 
しかし愛車の不具合は正直に伝えましょう。傷や故障によっては買い取りする買い取り専門店やディーラーと提携した工場で安く直せるため私達の予想よりも大きな減額にならない事もあります。
 
そして、査定士さんは専門の資格を持った文字通り自動車査定のプロです。不具合や修復歴を隠したところで全てお見通しですし、査定士さんもやっぱり人です。同じ不具合でも隠されるよりあらかじめ正直に伝えたほうがきっと印象が良いはずです。
 

3、付属品は全て用意しておく

これは愛車に付属していた説明書などの冊子や工具、スペアキー、購入時や購入後に取り付けたカーナビやETC、リアモニターなどの付属品や化粧箱など、そして愛車の点検時の整備記録簿などの書類。これらを全て用意しておきました。
 
なかには記念にと付属品をとっておく方もいらっしゃるかも知れませんが、中古車査定の観点ではあまりよくありません。中古車を売却するということは、次のオーナーに向けて中古車市場で販売されるということです。
 
その際にいかに売りやすい(セールスポイントのある)車であるかという事が査定額に繋がって来ます。実際に中古車を購入する時に付属品が欠品している車は敬遠したり、過去の点検整備の記録簿がしっかり残っている車を選びたいと思われます。そのためこれらを用意しておくことは有効だと思います。
 
これら3つ、どれも大層な事ではありませんが、実際私が中古車を売却する際に注意したことを紹介しました。あなたの愛車を売却するとき、よかったら参考にしてみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー
最近の投稿