アクアの相場観と安く買う方法

中古車売却 下取り・査定・オークションそれぞれのメリットデメリット

中古車売却 下取り・査定・オークションそれぞれのメリットデメリット » 車種情報 » アクアの売却市場での相場観と安く買う方法

アクアの売却市場での相場観と安く買う方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

売却市場での特徴

アクアの売却市場での特徴は、それはトヨタのハイブリッド車全般にも言えますが比較的に高値維持となっています。
 
走行距離や車体色、グレードにもよりますが色については選べるボディカラーが多いのがアクアの特色の一つですが、オレンジ色などのソリッドカラーよりもよりもシルバーや薄水色などが人気のようです。
 
グレードは実際の販売時の価格程売却時に差は出ませんが、最廉価モデルのLは後席パワーウインドウが付いていないなど装備が限られているため敬遠される傾向があるようです。
 

現在の相場観

アクアの現在の相場は、1回目の車検あたりである2012年モデルの1.5Gで平均145万円程度(新車価格195万円)で残存価格は約75%となっています。
 
デビュー時から人気車種となっており高値維持となっているアクアですが、ここ最近少しづつ中古車市場での相場が下がっているようです。
 
理由としてはやはり人気車種として大ヒットし、台数が売れた分、それだけ中古車市場に台数があるということで飽和状態になりつつあることと、昨年のマイナーチェンジでの改良もあり中古車価格が高値ならもう少し頑張って新車を。というユーザーが多いこともあるようです。
 

アクアを安く買う方法

アクアを少しでも安く購入するため、値引き交渉をする際に競合となる車種は、ホンダフィットハイブリッドや、マツダデミオXD(SKYACTIV-D)などのコンパクトエコカーがあります。
 
フィットハイブリッドはアクアと直接ライバルとなるコンパクトハイブリッドですが、フィットは度重なるホンダのリコール問題で販売台数が鈍くなっており大きめの値引きが期待できます。この大きな値引きを材料に交渉してみてください。
 
デミオXDはマツダ一押しのクラス唯一のコンパクトディーゼルです。昨年のカーオブザイヤーも受賞し価格帯はアクアと重複します。値引きは少ないのですが、逆にデビューから時間が経ち、マイナーチェンジでモデルライフ後半であるアクアに対してデミオより値段で勝負するよう交渉してみるのもいいと思います。
 

トヨタアクアとは

トヨタアクアとは、トヨタ自動車が販売するハイブリッドコンパクトカーです。
デビューは2011年、トヨタのコンパクトカーであるヴィッツをベースにしたハイブリット専用モデルでガソリンエンジンのみのモデルはありません。
 
1500ccのエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドシステムはTHS-IIと呼ばれる2代目プリウスに近いものとなっており、やはり燃費が良いのが売りとなっています。
 
燃費はJC08モードでkm/リッターとプリウスよりも低燃費となっています。価格も200万円を切る金額からという手頃さに加え大きさも5ナンバーに収まるサイズで現在はハイブリッドカーのパイオニアであるプリウスよりも人気の車種となっています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿