自動車の査定業者 ガリバーとアップルを比較する

中古車売却 下取り・査定・オークションそれぞれのメリットデメリット

中古車売却 下取り・査定・オークションそれぞれのメリットデメリット » 査定業者の情報 » 自動車の査定業者 ガリバーとアップルを比較する

自動車の査定業者 ガリバーとアップルを比較する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

ガリバーを使って車を売る

中古車販売店となっているガリバーですが、売却するために査定を申し込んでいく時に手軽に査定を行ってもらうことができます。
 
オンラインもしくは電話で申し込んでいくだけでなく、出張査定を無料で行ってもらうこともできるのでガリバーを選択するという方も多いです。サイトなどで買取実績をみることができるため、頼りになる存在といえるでしょう。
 
ガリバーというと、中古車業界の中では大手であり、走っていても黄色い看板を見かける機会が多いことでしょう。そんな中でガリバーは全国でおよそ450店舗展開されています。
 
驚くほど広いネットワークを持っていますので、自動車を売る際にも便利なのです。買い取った中古車は即座にオークション会場へと出品されていきますので、変動する市場価格の中でも高額で売却をすることができるのです。
 

ガリバー独自の販売システム

中古車大手のガリバーが独自で展開している画像販売システムというのがドルフィネットです。ドルフィネットというのは全国各地のガリバーの店舗で買取っていく中古車について、オークションへ出品する前の2週間だけ各店舗で展示するのではありません。
 
ガリバー独自で展開している画像による販売システムとなっているドルフィネットを利用することで、インターネット上で共有在庫という形で登録されていきます。これで在庫のリスクや展示コストに関して落としていくことができますので、高額査定を実現できるのです。査定額についても提示価格は全国統一価格となっていますので、不安も決してありません。
 

アップルの特徴や強みについて

同じく中古車販売店を展開しているアップルでも高価買取を実施していますので、人気を博しています。できるだけ高く売りたいと意識していく時に、アップルが頼りになるという方もいることでしょう。
 
実はアップルというのは国内で初めて中古車の買取業を開始した会社となっていますので、長い歴史を持っています。ノウハウもありますので、強みもあります。
 
そんなアップルの強みを見ると、とにかく査定額が高額となっています。
特徴としてオークション会場へすぐに中古車を売却していきますので、コストカットを実現しています。そしてアップルは海外にも販売事業を広げていますので、動かなくなってしまった車も部品として海外へ輸出しています。
 
そのため壊れていても買取ってもらうこともあります。蓄積されているノウハウや情報が多いので、一番高く売りたい時にはアップルがいいでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿