中古車のオークション代行業者とは?利用するメリットと料金など

中古車売却 下取り・査定・オークションそれぞれのメリットデメリット

中古車売却 下取り・査定・オークションそれぞれのメリットデメリット » 自動車オークションについて » 中古車のオークション代行業者とは?利用するメリットと料金など

中古車のオークション代行業者とは?利用するメリットと料金など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

中古車を購入したり売却をするとき。かつては購入は中古車販売店での購入、売却の場合は購入した販売店での下取りというパターンが一般的でしたが、今では中古車の売買の方法は多様化し、中古車販売店やディーラーを経由する売買や、中間マージンを含まないインターネットサイトを利用した個人売買などまであります。
 
しかし販売店で売買する場合は、買う場合は保証などが安心な代わりに値段が高く、売る場合はトラブルが少ない分査定額は低くなります。
 
そして個人売買は安く買え、高く売れる可能性はありますが故障に対する保証や、支払いなどのトラブルに対するリスクがあります。そこでもう一つの選択肢が中古車オークション代行業者の利用です。
 

中古車オークション代行業者とは

中古車オークションとは、ディーラーや買取店で買い取られた中古車がこの中古車オークションに出品され、中古車販売店に落札された中古車は再び中古車市場にて販売されます。下取りでも買い取りでもこのオークションに流れてくるなら最初からこの中古車オークションに直接出品もしくは落札すればいいのです。
 
しかしこの中古車オークションは一般の方は参加することは出来ず中古車を取り扱う業者しか参加資格をする事が出来ません。そこでユーザーに代わって中古車の出品もしくは落札を行うサービスを行っているのが中古車オークション代行業者です。
 

購入の場合

落札(購入)の場合は安いところでは手数料が1万円ぐらいからあります。このサービスを利用するメリットは支払いの合計が安いことです。
 
しかも個人売買とは違い、有償で保証を付けられるようなサービスもあるので安心です。
 
デメリットは中古車オークションの性質上、ユーザーがオークション会場へ立ち入ることが出来ないため、落札まで実車を見て確認することが出来ないこと(代わりに査査定士が作成したコンディションが書かれたデータは確認できます)と、出品側の落ち度など余程の理由がない限りキャンセルが効かないことです。
 

売却の場合

出品の場合は、手数料は最安で2万5千円あたりから5万円ぐらいまでで、3万円台ぐらいが多いようです。このように手数料が固定の場合と、落札金額の数%を手数料とする場合もあるようです。
 
この手数料は安い業者の場合、オークションへの出品料が別になっているところもありますので注意が必要です。その他にもオークション会場への陸送費などは別途となります。
 

利用するメリットとデメリット

このサービスを利用するメリットは買取りなどより中間マージンが少ないため高値かつ希望の金額で売却できる可能性が高いこと。そしてオークションが間に入るため、個人売買と比べて予定外の返品などのトラブルが少ないことがあります。
 
デメリットは落札金額によってはオークション手数料に対して赤字になる可能性があることや、落札されなかった場合は、再出品が別途有料のサービスが多いため再出品回数が多いとコストが嵩むことです。
 
これらメリット、デメリットはありますがこの中古車オークション代行は上手に利用すればトラブルのリスクも低く中古車を安く買えて高く売れる便利なサービスです。中古車の売買の際には選択肢の一つとして検討してみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿