自動車ローンの組み方や金利のポイント

中古車売却 下取り・査定・オークションそれぞれのメリットデメリット

中古車売却 下取り・査定・オークションそれぞれのメリットデメリット » 自動車のローンについて » 自動車ローンの組み方や金利のポイント

自動車ローンの組み方や金利のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

新しい車への買い替え、一番楽しみな時だと思いますが、こういう時こそ大切なのは支払いの話。車となると特に新車はとても大きな買い物、なかなか現金一括で支払うのも大変だと思います。
 
その場合は、自動車ローンを利用して分割で支払う方法になりますが、自動車ローンの種類や組み方など多数の方法があります。自動車ローンは適正な内容で組まないと新しい愛車を楽しむどころか支払いに追われる苦しい物になってしまいます。
 
ここでは自動車ローンの組み方やポイントについて紹介します。
 

金利について理解しましょう

自動車に関わらずローンを組む場合、必ず関わってくるのが金利。この金利方式や0.1%の差ぐらいだからと軽く見ると支払総額に大きな差が生まれます。
 
金利については数値なので比較的に分かりやすいですが、金融機関や信販会社によっては金利が固定金利型と変動金利型があったりします。
 
固定金利の場合、完済まで金利が変わらない安心感がありますが、相対的に変動金利の方が金利が低いケースがありますので御確認ください。これは変動金利の場合、契約時よりも金利が上昇するリスクはありますが、その分固定金利よりも金利を低く設定されているようです。
 

自動車ローンの借入先は十分に検討しましょう

自動車ローンを利用する場合、借入先は販売会社経由で借り入れる信販会社の自動車ローンや、銀行や信用金庫や農協などの金融機関の自動車ローンが一般的となります。
 
それぞれ特色があり、信販会社の自動車ローンは比較的に審査が緩めな代わりに金利は高め、金融機関のローンは審査は厳しめですが金利は低めなどがあります。
 
そして同一金融機関で住宅ローンなどを組んでいる場合は優遇金利が適用されることがあります。その他にも金融機関でも新規参入の銀行やネット系の銀行など審査が通常より緩めであったり、金利が更に低いところもあります。
 
そしてメーカーによっては販売促進のために金利が1%を切る特別低金利ローンのキャンペーンを実施していることもありますのでご検討ください。
 

そして返済計画を立てましょう

自動車ローンの場合、一番大切なのは返済計画です。自身の収入に対して多い返済となると生活自体に大きな負担を掛けることになります。この場合、住宅など他のローンの借入れなどにもよりますが、自動車の場合は年収の20%程度が大きく負担を掛けない借入額という目安があります。
 
自動車ローンの利用するにはこれら検討が必要なポイントがありますが、ちゃんと適切に選べば負担も少なく、ワンランク上の車を手に入れることも可能な楽しいカーライフを送れると思います。新しい愛車を、購入する前によかったらこれら自動車ローンも検討してみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿