私が中古車を売る時に実行した3つの事

中古車売却 下取り・査定・オークションそれぞれのメリットデメリット

中古車売却 下取り・査定・オークションそれぞれのメリットデメリット » その他の売却方法 » 

整備工場で自動車を査定に出すメリットとデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

整備工場で車を売却する

全国各地にある自動車の整備工場でも、車の販売が行われています。新車を販売している整備工場というのも存在していますので、自分の愛車をここで下取りしてもらい中古車として売っていくケースというのもあります。
 
整備工場での車の販売は50台以上並べているような一般の中古車販売店とは異なっており、3台から4台程度の中古車を取り扱い、場所も工場の脇にひっそりと置いて販売を行っています。
 
時には整備工場で販売を行っていても、全く気づかないというケースもあるので、注意しなければなりません。
 

整備工場で査定(売却)するメリット

まず整備工場ということもあり、整備がしっかりと行われています。
そのため品質が良い車が購入することができます。自動車は買って終わることではありませんので、修理を専門とする整備工場で、故障した際の想定をしながら長いスパンで購入を検討してみるといいでしょう。
 
そして整備工場というのは小規模で経営されていることがあります。家族のみで経営をしているような整備工場となると、お得意様になることで大手ではできない細かなサービスを受けることができます。
 
そして整備工場では思いもよらない掘り出し物を見つけていくことができます。下取りの車をそのまま各地域のオークションへ転売している整備工場もあります。価格も安くなっていますので、気軽に相談してみるといいでしょう。
 
買い取ってほしいと提案されている以上、出所がしっかりとわかっていますので、どのオーナーが販売している買い取った車をどのようにして乗っていたかをチェックしていくことができます。
 
オーナーも整備士となっていますので、仕事の合間で時間をかけながらメンテナンスを行っています。そのため故障の心配がほとんどありません。
 

整備工場で査定するデメリット

とにかく規模が小さいため、品揃えが少なくなっています。あくまでも自動車を整備したり修理するのが本業となっており、販売が中心ということではありません。保有している台数だったり車種も非常に少なくなっています。
 
どうしても傷ついている中古車ならば購入だけ中古車店で依頼しておき、整備を工場へと任せていくといいでしょう。車体を安くしていき、整備点検の費用へ儲けを乗せていけば帳尻が合います。
 
傷が残っているような車でかまわないということを伝えておき、別の会社へ依頼を行うことで、コストを下げていくことができるかもしれません。

自動車の委託販売におけるメリットとデメリットとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

車の委託販売とは一体何か

これから自分の車を売却しようと考えた時、広告で高く売ってくれることをアピールしているカーディーラーや中古車販売店などを見かけることもあるでしょう。これこそ委託販売を勧めていることを見せているのです。
 
この委託販売とは自分が売りたい車について、カーディーラーや中古車販売店などへ預けていきますが、他の展示車も合わせてと一緒に店に並べるシステムになっています。
 
委託販売によって売れたり売れなかったりした時、通常ならば預かっていく保管料金を徴収されるケースもあります。そして最近では、車を預かることなく販売の仲介だけを行っているカーディーラーや中古車販売店もありますので、委託販売は多岐にわたっています。こうなると買い手が車に付くまで、ずっと愛車に乗ることができるでしょう。
 

委託販売のメリットとデメリット

メリット

車を委託販売するメリットについて考えていくと、色々と出てきます。まず委託販売というのは時間はかかってしまいますが、納得した金額で自分の車を売ることができます。
 
これから理想的な金額で委託販売をしたい時には、挑戦していく際に敷居が低いというのもポイントとなっています。どうしても上手く行かなかった時にも、無駄にしていくのは時間や僅かな費用だけとなっています。
 

デメリット

しかしデメリットとして所要時間がとにかくかかってしまいます。
車の売却では価値の低下するのは非常に怖くなってしまいますが、実現する確率が異様に高くなっています。
 
長い間決まることがなければ、カーディーラーや中古車販売店ですぐに買い取っていくように調整をしていきましょう。
 
どうしても自分で売却する価格を設定していくことができるといっても、闇雲に高い金額に車の売却額を設定していくと買い手が付かないこともあります。相場の内容を判断しながら決めていきましょう。
 

委託販売で売れなかった時のリスク

委託販売で発生するリスクを見ていくと、店頭に並べていっても必ずといっていいほど売れるとは限らない点がリスクとして出てきます。
 
すぐ売れるようであれば全く問題ありませんが、長期間販売できなかった場合には、販売価格より委託費用が差し引かれることになります。僅かながら継続してしまうとリスクは大きくなってしまいます。
 
また業者選びを失敗すると、意図的に車を売れないように配慮してしまうことがあります。また委託車を安く買い取るように誘導して、利益を確保していくケースもあります。しっかりと業者を選びましょう。

自動車を個人売買で売る際に必ず気を付ける事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

車の個人売買における様々な注意点を知る

これから自分の愛車を売却しようと考える時、個人売買によって売却をしようと考える方もいます。そこで個人売買における注意点などを紹介していきます。色々と注意しなければ、大損してしまうこともあります。
 

個人売買は書類を揃えることが大事

自分の車を個人売買する時に名義変更の手続きを購入側と売却側、双方いずれかが行っていくわけですが、通常では売却側によって必要書類を揃えて必要事項を記入し、その書類な書類を揃えていきます。
 
そして購入側が名義変更を行っていくと、手続きが非常にスムーズに進めていくことができます。
 
そんな時に売却する車について個人売買を行う際には、車体の値段について必ずチェックしていきましょう。大半の車は相場が大きく動いていることがあります。
 
そのため中古車相場について、アバウトでもいいので知っておくと価格を決めやすくなります。予め情報を仕入れておいたほうがいいでしょう。各地域によって相場が変化してしまうこともありますので、しっかりと情報を仕入れておくことが大事になっていきます。
 

個人売買のメリットとは

車を市場価格以上で売れる可能性

車を個人売買していくと、様々なメリットが生じていきます。まずはこれから自分の車を売ろうとしている人は、価格を高くして売ることができるというのが特徴的です。
 
車を売却していく際に一般的とされているのは、車をカーディーラーへ下取りしたり買取を依頼する方法となっています。そして下取りや買取によって提供された車というのは、その後買い取ってくれた中古車販売店が利益を乗せていきながら再販していくことになります。
 
ここで車を個人売買するとどうなるでしょうか。
実は中古車販売店を介することがないため、友人などと直接取引を行うことになります。
 
こうなるとカーディーラーや中古車販売店などで発生する中間マージンというのがありませんので、自分の車を高く売る事ができるため、高く売れた分を次に買う車に充当する事もできます。
 
車を売却した時と同じように、カーディーラーや中古車販売店に通すことで生じる中間マージンを省いていくことができますので、通常より安い金額で車を購入していくことができます。そして消費税もかからないため、消費税分ですら安くしていくことができるのです。
 

車の個人売買する際の注意点

ただメリットばかりではありません。まず相手がわからない状況も出てきます。売買する相手が見えないまま進めることがありますが、しっかりとお金を払うかどうか、そして名義変更についても滞りなく終わらせられるかも確認しましょう。
 
また売却される車の程度がわからないというのもデメリットとなっています。改ざんされてしまうと、契約を結んだ後トラブルになるケースもあります。

カテゴリー
最近の投稿