私が中古車を売る時に実行した3つの事

中古車売却 下取り・査定・オークションそれぞれのメリットデメリット

中古車売却 下取り・査定・オークションそれぞれのメリットデメリット » 自動車オークションについて » 

自動車をヤフオクで売る際に注意すべき3つの事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

自動車をヤフオクで出品する

これから自分の車を売却していこうと考えた時に、色々と方法を考えていくことになります。そんな中でオークションサイトの1つであるヤフオクを使って自動車を売却しようとする方もいます。ヤフオクに出品していく際に、査定もしくは下取り以上の値段をつけて売りたいと考えてしまうことでしょう。
 

ヤフオクで車を売る際に注意すべき3つの事

1、ノークレーム、ノーリターン

そんな中でヤフオクに出品する時に気をつけなければならないことが3つあります。まず売却をする時に考えられるクレームへの対処です。
 
落札をした時に納得行くように手はずを整えることが必要になっていきます。ノークレームそしてノーリターンという形で納得していかなければなりませんが、自動車を受け渡した後で程度が悪かったり、予想以上に整備などが必要となったために返金できないかと相談されることがあります。
 
これらのケースだけでなく、詐欺で裁判として訴えていくと言いがかりをつけるケースもあります。トラブルに対して防止できるように、対応することが重要となっていきます。
 
トラブル防止のために点検整備記録簿などを利用して整理していったり、商品の受け渡しについて直接依頼するようにしていきましょう。
 

2、購入後も名義変更における注意点

どうしても落札者が商品の受け渡しをした後も、名義変更をしないで車に乗っていくケースも考えられます。このような状態だと事故もしくは交通違反といったトラブルを起こしてしまうと、状況によっては名義人へ責任や補償に関してトラブルが起きてしまうケースがあります。
 
トラブルを避けるためには、受け渡しをする時に必ず名義変更を行わせるように連絡し、その後引き渡していくことが必要となっていきます。そして名義変更の手続きを行ってもらえるように委託販売業者へ依頼していくことも検討していきましょう。
 

3、高値で想像以上に売ることができない

ヤフオクに出品した車を購入した人は、当然市場価格よりも安い状態で買っていくことを狙うために参加をしています。 
そのため出品をしていく方としては、カーディーラーや中古車販売店による中間マージンを発生させない分、有利に販売していくことができると思われがちです。
 
ただ、実際のところは中古車業者へ販売していく金額とほとんど変わらないかそれ以下と思っていいでしょう。
 
人気がある車であれば高値で売却することは期待できるものの、不人気な車だったり低年式の車となると期待することがほとんどできません。相場の価格を把握していきながら、ヤフオクへ出品していくかどうか判断していきましょう。

中古車のオークション代行業者とは?利用するメリットと料金など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

中古車を購入したり売却をするとき。かつては購入は中古車販売店での購入、売却の場合は購入した販売店での下取りというパターンが一般的でしたが、今では中古車の売買の方法は多様化し、中古車販売店やディーラーを経由する売買や、中間マージンを含まないインターネットサイトを利用した個人売買などまであります。
 
しかし販売店で売買する場合は、買う場合は保証などが安心な代わりに値段が高く、売る場合はトラブルが少ない分査定額は低くなります。
 
そして個人売買は安く買え、高く売れる可能性はありますが故障に対する保証や、支払いなどのトラブルに対するリスクがあります。そこでもう一つの選択肢が中古車オークション代行業者の利用です。
 

中古車オークション代行業者とは

中古車オークションとは、ディーラーや買取店で買い取られた中古車がこの中古車オークションに出品され、中古車販売店に落札された中古車は再び中古車市場にて販売されます。下取りでも買い取りでもこのオークションに流れてくるなら最初からこの中古車オークションに直接出品もしくは落札すればいいのです。
 
しかしこの中古車オークションは一般の方は参加することは出来ず中古車を取り扱う業者しか参加資格をする事が出来ません。そこでユーザーに代わって中古車の出品もしくは落札を行うサービスを行っているのが中古車オークション代行業者です。
 

購入の場合

落札(購入)の場合は安いところでは手数料が1万円ぐらいからあります。このサービスを利用するメリットは支払いの合計が安いことです。
 
しかも個人売買とは違い、有償で保証を付けられるようなサービスもあるので安心です。
 
デメリットは中古車オークションの性質上、ユーザーがオークション会場へ立ち入ることが出来ないため、落札まで実車を見て確認することが出来ないこと(代わりに査査定士が作成したコンディションが書かれたデータは確認できます)と、出品側の落ち度など余程の理由がない限りキャンセルが効かないことです。
 

売却の場合

出品の場合は、手数料は最安で2万5千円あたりから5万円ぐらいまでで、3万円台ぐらいが多いようです。このように手数料が固定の場合と、落札金額の数%を手数料とする場合もあるようです。
 
この手数料は安い業者の場合、オークションへの出品料が別になっているところもありますので注意が必要です。その他にもオークション会場への陸送費などは別途となります。
 

利用するメリットとデメリット

このサービスを利用するメリットは買取りなどより中間マージンが少ないため高値かつ希望の金額で売却できる可能性が高いこと。そしてオークションが間に入るため、個人売買と比べて予定外の返品などのトラブルが少ないことがあります。
 
デメリットは落札金額によってはオークション手数料に対して赤字になる可能性があることや、落札されなかった場合は、再出品が別途有料のサービスが多いため再出品回数が多いとコストが嵩むことです。
 
これらメリット、デメリットはありますがこの中古車オークション代行は上手に利用すればトラブルのリスクも低く中古車を安く買えて高く売れる便利なサービスです。中古車の売買の際には選択肢の一つとして検討してみてください。

ネットオークションでのトラブル事例と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

乗り換えなどで愛車を手放すとき、かつてはディーラーでの下取りが一般的でしたが、近年は自動車買い取り専門店への買い取りや更に一歩踏み込んで個人間の直接売買をされる方も増えて来ています。
 
方法としてやはり一般的なのはインターネットオークションです。
最近ではインターネットオークションへの出品もパソコンすら必要なくスマートフォン一つで写真撮影から出品まで出来てしまうなど、更にインターネットオークション利用に対する敷居が低くなってきています。
 
このインターネットオークションを利用した個人売買ですが、売り主と買い主が直接やりとりするため一番中間マージンを省け高値で売れる可能性がある反面、ユーザーが増えているのに加え、簡単に出品、落札出来ることから様々なトラブルが発生しています。
 

トラブル事例と対処法

トラブル例


一番多いのが売却後のトラブルです。購入後に修理費の高い部品の故障や、後で判明した事故や修復歴、そして購入時に見落としたボディの傷などです。
 
通常中古車店で保証や整備渡しされる中古車と違い、インターネットオークションで個人売買される中古車は基本的に全てが現状販売のノークレームノーリターンです。
 
しかし、自動車というのは価格も高く、傷や凹みなどの不具合も他の商品と比べて厳しくなりがちな性質上、購入後の故障や不具合はトラブルになりやすい傾向があるようです。
 

対処法

これらトラブルの対処法としては、まず基本は出品する車が「一切の保証や整備のない現状販売であること」そして「購入後はノークレームノーリターンであること」を確実に明記することです。これは出品の際に明記することだけでなく、売買契約の際にも法的に効力を発揮する書式にて書面に残すことです。
 

インターネットオークション代行業者の利用

そしてトラブル対策を万全にするならばインターネットオークションの代行業者を利用することです。
 
この業者は愛車をインターネットオークションへ出品や落札者に対しての対応だけでなく、トラブルになりやすい金銭が絡む支払い関連の管理や落札された後に車に対して発生した故障に対する修理保証まで付けられるようなサービスとなっています。
 
この代行業者を通すためインターネットオークションでの完全な個人売買よりもコストは掛かりますが、結果的に一般的な自動車買い取り専門店での買い取りよりも高値で売却できるものとなっています。
 
このインターネットオークションの代行業者は大手インターネットオークションサイトのYahoo!オークションなどにも対応しています。大切に乗ってきた愛者の売買、最後にトラブルで嫌な気分にならないように、トラブル対策の参考にしてみてください。

中古車ネットオークションの種類とそれぞれの特徴 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

愛車の買い替えなどで今の愛車を手放す際、かつては販売店での下取りなどが主流でしたが、インターネットが普及しより中間マージンを省いた個人売買であるネットオークションでの売却も一般的になりつつあります。
 
ここでは自動車を取り扱うネットオークションの代表例として最大規模であるYahoo!オークションと、それに次ぎ第2位の規模である楽天オークションの2つのネットオークションサイトについて特徴を紹介します。
 

Yahoo!オークション

まずはじめにYahoo!オークションです。Yahoo!オークションはヤフージャパンが運営するオークションサイトで日本ではかなり初期から運営されており、自動車だけに限らず出品数/取引数共に日本最大のオークションサイトです。
 
特徴はやはり取引量の多さです。個人、法人共に出品台数も多く、インターネットオークションで自動車を売買するというのが定着したのもこのサイトの功績とも言えるでしょう。
 

ヤフオクで出品するためには

出品のためにはYahoo!プレミアム会員(月額410円)である必要があり、出品料は自動車の車体の場合3024円となっていますが、売却する自動車の落札希望金額が低い場合は部品取り車扱いで出品すれば出品料は落札金額の5.4%と抑えることもできます。
 
出品料は出費者側に掛かりますが、落札者側には手数料は不要(落札額が5000円以上の場合は落札者もYahoo!プレミアム会員である必要があります)のため、落札者側視点で手軽であることも特徴です。
 

楽天オークション

楽天オークションは、インターネット通販の大手である楽天が運営する日本ではYahoo!オークションに次ぐ規模のオークションサイトです。楽天オークションの特色は出品手数料が無いため、出品者側視点で出品がしやすいというものです。
 
しかしYahoo!オークションとは逆に落札者が落札金額に応じた手数料を支払う事になっていますので注意が必要です。
 
そして楽天オークションは、プロトコーポレーションと業務提携し、中古車情報誌Gooと連結しに誌面で掲載されている中古車も閲覧可能になったため、今後は中古車を探しているユーザーからの訪問者数が増えるかも知れません。
 

ネットオークションでの中古車売買はこれから

これらインターネットオークションサイトもサービスにそれぞれ特徴があります。最近ではスマートフォンなどの携帯電話のカメラで写真を撮ったらそのままパソコンなどを一切使わずにアップして出品出来るなんていう手軽なサービスもあり、インターネットオークションでの売買は今後更に増えることが予想されますので、愛車を手放すときには是非検討してみてください

中古車のオークションの仕組みと利用するメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

中古車オークションの仕組み

愛車の売却、中古車オークションで高く売れるかも知れません。
「オークション」という言葉は最近はYahoo!オークションなどインターネットオークションが普及したこともあり耳にした事もある方もいらっしゃると、思いますが、「中古車のオークション」と言うとあまり馴染みが無いかと思います。
 
中古車オークションとはインターネットオークションとは違い、中古車の流通を目的とした自動車専門のオークションで、「中古車オークション」や「オートオークション」などとも呼ばれます。
 
基本的に中古車市場は、ディーラーでの下取りや自動車買い取り専門店などで買い取られた中古車は、それらのお店で直接販売される以外は、この中古車オークションに出品されます。そこで全国の中古車業者が競りで落札し再び中古車市場で販売されます。
 
そのため中古車市場で販売されている車の多くはこの中古車オークションを通して販売されているのです。
 
そこであなたの愛車の売却です。自動車買い取り専門店や下取りなどは基本的に査定額をベースとした金額になります。そのため売却額が本来の希望から掛け離れた金額になることも往々にしてあります。
 
そこで中古車オークションへ出品する場合は落札される/されないはありますが、基本的に売り主が希望した金額から競りをスタートすることが出来るのです。
 

中古車オークション出品代行業者とは?

しかし中古車オークションは、登録された中古車関連業者しか出品も落札も参加することは出来ない決まりとなっており、一般の方が参加できません。
 
そこで便利サービスが、中古車オークション出品代行業者です。一般の方が参加できない中古車オークションに対して、参加資格を持った出品代行業者が決められた手数料であなたの愛車を代理で中古車オークションに出品するというものです。
 
手数料と中古車オークション会場への搬入などの諸費用を支払えば、後は出品代行業者が落札までやってくれますので待つのみです。
 

代行業者を利用するメリットデメリット

この出品代行業者を利用するメリットはやはり、下取りや買い取り比べて、落札されれば希望の金額(高値)で売却出来ることです。例え高額でなくても下取りや査定でゼロまたはマイナス(処分料を請求される)車でもいくばかの金額が付いて落札される、可能性があることです。
 
デメリットは落札はされてもあまりにも金額が低すぎる場合は、中古車オークションの出品料を含んだ代行業者の出品手数料の方が高くなってしまい、結果的に赤字となってしまうリスクもあるということです。
 
折角手放すなら少しでも高く売却したいあなたの愛車。「下取り」「買い取り」に次ぐ第三の選択肢として「中古車オークション出品」も検討してみてください。

カテゴリー
最近の投稿