ジャック査定センターに利用するメリット・デメリット

中古車売却 下取り・査定・オークションそれぞれのメリットデメリット

中古車売却 下取り・査定・オークションそれぞれのメリットデメリット » 査定業者の情報 » ジャック査定センターで中古車の査定をするメリット・デメリット

ジャック査定センターで中古車の査定をするメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

1.会社概要(ジャック査定センターを利用するメリット)

自動車買取り専門店「ジャック査定センター」を運営する株式会社ナックは、自動車の買取り、中古車の買取り、新車の販売、輸入車のディーラーを運営する会社です。
 
売上高は約85億(2013年)、店舗数は11店舗、取引台数は非公開となっており、主に関西エリアを中心とした店舗展開となっております。
 
このジャック査定センター、かつて大規模な広告と大型中古車販売店のジャック・カートレットを運営していたJAC(日本中古車査定センター 現:カーチス)という名前の自動車買取り・中古車販売を行っていた店舗がありましたがこれらとの関連はありません。
 

2.ジャック査定センターの特徴・強み(ジャック査定センターを利用するメリット)

自社で販路を持っているが故に高値が出しやすい


ジャック査定センターの特徴と強みは、中古車販売も行っているためユーザーから買取りした中古車を無駄な中間マージンを省いて販売出来ることや、中古車オートオークションの運営会社とも取引があるため効率的に販売出来るルートを持っているため、ユーザーに対して高い査定額を提示することが出来ることが挙げられます。
 
しかしこれだけでは他の自動車買取り専門店でも似たような条件が存在します。
 

地域に密着した買取の店舗展開

一方、このジャック査定センターは、各種調査会社であるオリコン社が調査した最新の「オリコン車買取り顧客満足度(CS)」で全国3位となっているのです。これは各大手自動車買取専門店チェーンなど含め、全国に大小数多くある自動車買取り専門店から選ばれた結果です。
 
大手自動車買取専門店と違い関西エリアを中心としたこのジャック査定センターが顧客満足度が高い理由、それは「地域に密着型の買取り店舗展開」です。大手ほど店舗が多くなく、中古車販売店もテーマパークのような大規模中古車販売店などはありませんが、関西地域を中心とした地域に根ざした丁寧なサービスがユーザーからの信頼を得ることにより、顧客満足度の高さに繋がっているのかも知れません。
 

3.ジャック査定センターの弱点(ジャック査定センターを利用するデメリット)

ジャックセンターの特徴・強みは前述の通りありますが、弱点はやはり店舗数の少なさです。運営会社の方針の通り地域密着型となっておりますが店舗のある関西エリア以外では店舗もなく利用し辛い。というのが挙げられると思います。
 
しかし関西エリアにお住まいのユーザーの方ならこの弱点はそのまま強みに変わると思われます。これらジャック査定センターのメリット・デメリットそれぞれありますが、車買取りの際の参考にしてみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿