中古車ネットオークションの種類とそれぞれの特徴 

中古車売却 下取り・査定・オークションそれぞれのメリットデメリット

中古車売却 下取り・査定・オークションそれぞれのメリットデメリット » 自動車オークションについて » 中古車ネットオークションの種類とそれぞれの特徴 

中古車ネットオークションの種類とそれぞれの特徴 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

愛車の買い替えなどで今の愛車を手放す際、かつては販売店での下取りなどが主流でしたが、インターネットが普及しより中間マージンを省いた個人売買であるネットオークションでの売却も一般的になりつつあります。
 
ここでは自動車を取り扱うネットオークションの代表例として最大規模であるYahoo!オークションと、それに次ぎ第2位の規模である楽天オークションの2つのネットオークションサイトについて特徴を紹介します。
 

Yahoo!オークション

まずはじめにYahoo!オークションです。Yahoo!オークションはヤフージャパンが運営するオークションサイトで日本ではかなり初期から運営されており、自動車だけに限らず出品数/取引数共に日本最大のオークションサイトです。
 
特徴はやはり取引量の多さです。個人、法人共に出品台数も多く、インターネットオークションで自動車を売買するというのが定着したのもこのサイトの功績とも言えるでしょう。
 

ヤフオクで出品するためには

出品のためにはYahoo!プレミアム会員(月額410円)である必要があり、出品料は自動車の車体の場合3024円となっていますが、売却する自動車の落札希望金額が低い場合は部品取り車扱いで出品すれば出品料は落札金額の5.4%と抑えることもできます。
 
出品料は出費者側に掛かりますが、落札者側には手数料は不要(落札額が5000円以上の場合は落札者もYahoo!プレミアム会員である必要があります)のため、落札者側視点で手軽であることも特徴です。
 

楽天オークション

楽天オークションは、インターネット通販の大手である楽天が運営する日本ではYahoo!オークションに次ぐ規模のオークションサイトです。楽天オークションの特色は出品手数料が無いため、出品者側視点で出品がしやすいというものです。
 
しかしYahoo!オークションとは逆に落札者が落札金額に応じた手数料を支払う事になっていますので注意が必要です。
 
そして楽天オークションは、プロトコーポレーションと業務提携し、中古車情報誌Gooと連結しに誌面で掲載されている中古車も閲覧可能になったため、今後は中古車を探しているユーザーからの訪問者数が増えるかも知れません。
 

ネットオークションでの中古車売買はこれから

これらインターネットオークションサイトもサービスにそれぞれ特徴があります。最近ではスマートフォンなどの携帯電話のカメラで写真を撮ったらそのままパソコンなどを一切使わずにアップして出品出来るなんていう手軽なサービスもあり、インターネットオークションでの売買は今後更に増えることが予想されますので、愛車を手放すときには是非検討してみてください

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿